CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3830 藍画廊(中央区銀座1-5):峯岸千絵展 | main | 3832 Oギャラリー(中央区銀座1-4):大島信人展 >>
3831 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):森哲弥展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01114.JPG

    GALERIE SOL(中央区銀座1-5)では、森哲弥展。

    DSC01129.JPG

    DSC01131.JPG

    DSC01130.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー人体から見る形の向こう側ー。

    人体が向かい合って立っています。
    奇妙なことに人体は、
    パーツに分かれた薄い表皮でできていて、
    そのパーツどうしが大きな隙間を空けていることで、
    成り立ちが仮設的であることが、
    ことさら強く視覚化されています。

    逆に、表皮で覆われているはずの、
    見えない実態が意識化されます。
    しかし虚ろな空気は何も語らず、
    記憶のような実態をもたないものの
    実体化といったイメージです。

    壁面に展示されたドローイングをどのように
    関係付けるかが、
    鑑賞のポイントになります。

    見えたものを描いた絵画と、
    見えないものを表皮で空洞化した彫刻の対比で、
    見えたものが表皮に過ぎなく、
    実態は空虚であるという普遍性が獲得されている。
    そんな印象でした。


    DSC01132.JPG

    DSC01133.JPG

    DSC01134.JPG

    DSC01135.JPG

    DSC01136.JPG

    DSC01137.JPG

    DSC01138.JPG

    DSC01139.JPG


    写真:筆者撮影



    20190709 鑑賞
    | 印象記 | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    トラックバック機能は終了しました。