CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3833 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):須藤萌子展 | main | 3835 Gallery-58(中央区銀座4-4):中内亜由美展 >>
3834 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):越前谷嘉高展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01187.JPG

    コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、
    越前谷嘉高(えちぜんや・よしたか)展。

    DSC01189.JPG

    DSC01188.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、−80年代の美術3−。

    作品、作家を主観無しで鑑賞するのではなく、
    「80年代の美術」が前提になるならば、
    「80年代の美術」の理解と、
    この作家が受けた影響と、作品への波及の読み取りが、
    鑑賞を一段深化させるのでしょう。


    70年代までのコンセプチュアルで禁欲的な指向に対する反動、
    80年代のバブル景気の消費文化の高揚感。
    絵画は、絵画として開放された時代でしょうか。

    4つの特徴に気付きます。
    1つ目は理解可能な図像の関係で成り立っている点。
    2つ目は古代神話や仏教、昔話などの物語が
    モチーフになっていると思われる点。
    3つ目は神秘的で不条理な世界感で、

    幻覚的な雰囲気を生み出している点。
    4つ目は装飾的な文様が
    (鑑賞者目線では)脈絡なく挿入されている点。

    結果、この絵画は一見、現実の再現を装いながら、
    独自の法則性が支配する
    この絵画だけの世界が表現され、
    観る側へ、常識ではなく感覚で向かい合うよう、
    導いている。
    そんな印象でした。


    DSC01190.JPG

    DSC01191.JPG

    DSC01192.JPG

    DSC01193.JPG

    狩人

    DSC01194.JPG

    DSC01195.JPG

    月下水浴

    DSC01196.JPG

    DSC01197.JPG

    DSC01198.JPG

    階段の庭

    DSC01202.JPG

    DSC01203.JPG

    水辺の境界


    写真:筆者撮影
    Scan0019.jpg

    Scan0020.jpg

    20190709 鑑賞
    | 印象記 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    トラックバック機能は終了しました。