CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3834 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):越前谷嘉高展 | main | 3836 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3):すうひゃん。個展 >>
3835 Gallery-58(中央区銀座4-4):中内亜由美展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01205.JPG

    Gallery-58(中央区銀座4-4)では、中内亜由美展。

    DSC01206.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、−Moment of emergance−。

    会場風景とはいっても写真ではほとんど
    伝わりませんが、
    会場の4面の壁に、
    極細のミシン糸を撚り合わせた紐が、
    細々と伝っています。
    それとは別に、ミシン糸を撚り合わせた塊が重しの
    モビールが天井から吊り下がっています。


    タイトルは、
    Moment of emergance(発生の瞬間)なので、
    作品は、発生した後の状態ではなく、
    発生すること、
    或いは、発生していることに気付くこと、
    或いは、発生したことに気付くこと、
    或いは、発生することの予感。


    日常の中で瞬間瞬間で過ぎ去る小さな感覚に
    気付くことで、
    「存在」を裏付ける「何か」がよりリアルになるならば、
    この空間は、その感覚に繋がっているのでは。
    そんな印象でした。

    DSC01207.JPG

    DSC01208.JPG

    DSC01220.JPG

    DSC01221.JPG

    DSC01210.JPG

    DSC01211.JPG

    DSC01212.JPG

    DSC01214.JPG

    DSC01215.JPG

    DSC01216.JPG

    DSC01217.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0021.jpg

    Scan0022.jpg

    20190709 鑑賞
    | 印象記 | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    トラックバック機能は終了しました。