CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3854 ゆう画廊(中央区銀座3-8):吉田大和展 | main | 3856 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):瀬辺佳子展 >>
3855 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):赤松加奈展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC01498.JPG

    画廊からの発言「新世代への視点2019」

    コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、赤松加奈展。

    「新世代への視点2019」は、
    東京現代美術画廊会議主催で、
    1993年より続く、
    銀座・京橋を中心とした10画廊が推薦する
    新鋭作家の個展を各会場で同時開催する企画です。

    DSC01499.JPG

    DSC01500.JPG

    DSC01501.JPG

    会場風景。

    大きな画面に色紙をカッターで切り取ったような
    直線的な色形が散りばめられています。
    それぞれが意味が有るようで無いようで、
    お互いの関係が有るようで無いようで、
    人の記憶全体のある部分を転写してみると、
    こんなことになるのかなと、なんとなく思われます。

    記憶の断片は記号のように意味を持ち始め、
    それらが偶然に同じ画面に並置されたならば、
    新しい意味を持ち始めるのでしょう。

    記憶の曖昧さ、それらが混じり合ってできる別の曖昧さ、
    それがこれらの絵画をつくっているようです。

    記憶に残った風景を
    平面的に組み立て直すことによって、
    それらを見た時の視線が変わり、
    初めての感覚が揺さぶられる。
    そんな印象でした。

    DSC01502.JPG

    DSC01503.JPG

    DSC01504.JPG

    虹の彼方に

    DSC01505.JPG

    DSC01506.JPG

    DSC01507.JPG

    緑の昼下がり

    DSC01508.JPG

    DSC01509.JPG

    DSC01510.JPG

    通り過ぎた道


    写真:筆者撮影

    Scan0044.jpg

    Scan0031.jpg

    Scan0032.jpg
    | 印象記 | 05:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。