CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3857 NICHE GALLERY(中央区銀座3-3):藤田邦統 個展 | main | 3859 Gallery-58(中央区銀座4-4):野口崇弥展 >>
3858 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3):小池結衣版画展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3)では、小池結衣版画展。

    DSC01561.JPG

    DSC01560.JPG

    会場風景。

    月夜の、植物の入った瓶。作品名は「庭」。
    版画も含めて絵画は、
    画面上に画面上だけの世界を創り出す行為です。
    この場面が作家にとっての庭であり、
    作家は庭をこのように思いました。

    光、明かりに気付けば初めて見えてくる世界。
    色は使わず、陰翳の穏やかなグラデーションによる、
    夢の中のような世界。
    ドラマチックな物語性が予感されます。

    描かれたのは外部、姿形ですが、
    興味はその内側に内側にと入ってゆき、
    空間の深さと時間の密度が現れます。

    静寂の中にこそ強い思いが感じられる。
    そんな印象でした。

    DSC01562.JPG

    DSC01563.JPG



    DSC01565.JPG

    DSC01566.JPG

    序曲

    DSC01568.JPG

    DSC01569.JPG

    地下水脈

    DSC01574.JPG

    DSC01575.JPG

    ソーダ水

    DSC01571.JPG

    DSC01572.JPG




    写真:筆者撮影

    Scan0037.jpg

    Scan0038.jpg

    20190723 鑑賞
     
    | 印象記 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。