CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3947 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):伊藤純子展 | main | 3949 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):Kim Sung-Ho & Lee Sara 展 >>
3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC03827.JPG

    GalleryK(中央区京橋3-9)では、米田貫雅展。

    DSC03828.JPG

    DSC03841.JPG

    DSC03842.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー停止する流形体ー。

    画面は3つの異なる要素で構成されます。

    一つ目は白い背景上の直線や市松模様。
    これらで場が想定されるようです。
    二つ目はチューブ。
    チューブ状の何かではなく、動きでもなく、
    動かす意思のように感じられました。
    三つ目は不整形。
    チューブの派生というより、
    場に与えた影響といった風です。

    見るべきものは画面の表層的な有り様を超えた、
    眼に見えない何かのようだが、
    それは成立に至っていない。
    そこが面白い。
    そんな印象でした。

    DSC03829.JPG

    DSC03830.JPG

    DSC03831.JPG

    Neophilia

    DSC03832.JPG

    DSC03833.JPG

    Intentionaly

    DSC03837.JPG

    DSC03838.JPG

    DSC03839.JPG

    Schema

    DSC03834.JPG

    DSC03835.JPG

    DSC03836.JPG

    Cubes-1


    写真:筆者撮影

    Scan0011.jpg

    Scan0012.jpg

    20191023 鑑賞
    | 印象記 | 05:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事
    記事にしていただき、ありがとうございます。とてもいい記事内容で嬉しいです。また今後とも、どうかよろしくお願いいたします。
    | 米田貫雅 | 2019/10/29 12:40 PM |
    米田様 コメントありがとうございます。今後どうなってゆくのか、興味深々でお待ちしています。紋谷
    | 紋谷幹男 | 2019/10/29 6:52 PM |









    トラックバック機能は終了しました。