CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3969 藍画廊(中央区銀座1-5):畠山康子展 | main | 3971 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):浅葉雅子展 >>
3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC04179.JPG

    GALERIE SOL(中央区銀座1-5)では、
    【立体+平面】展 2019。

    DSC04189.JPG

    会場風景。

    立体作家3人と平面作家1人によるグループ展。

    このように、明確な特徴を備えた、
    立体と平面作品が並ぶ場に居合わせると、
    そもそも立体、平面とは何だろうという、
    素朴で原初的な疑問が芽生え、
    そこは新たな発見の場となります。

    平面は絵具によるイリュージョンで、
    立体は素材感を備えた実態という先入観が、
    少し溶け始めます。

    槙野さやかのガラスは実態ではなく、
    液体のイリュージョンで、
    松本聡子のドローイングされた基材の積層という
    成り立ちは、立体でも平面でもない関係の視覚化で、
    細田尚美の金属は
    ある場面はこの場面なのだという
    演劇性を感じます。

    一方、唯一の平面であるさいとうゆきの作品は、
    基材が平面形状というだけで、
    この形態を持つ何物かといった、
    陶板に近い、実態です。

    作家のモチベーションでは、
    モチーフのイリュージョンなのか
    そのものなのかではなく、
    作家自身のイメージへの臨場感を発生させること。
    そんな印象でした。



    槙野さやかの展示エリア。

    DSC04192.JPG

    DSC04190.JPG

    DSC04191.JPG

    DSC04193.JPG


    松本聡子の展示エリア。

    DSC04194.JPG

    DSC04195.JPG

    DSC04196.JPG

    DSC04197.JPG


    細田尚美の展示エリア。

    DSC04198.JPG

    DSC04199.JPG

    DSC04200.JPG


    さいとうゆきの展示エリア。

    DSC04201.JPG

    DSC04202.JPG

    DSC04203.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0017.jpg

    Scan0018.jpg

    20191105 鑑賞

     
    | 印象記 | 05:26 | comments(1) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事
    紋谷様 SOLに於いてのグループ展きていただき また 印象記 ブログにあげていただきありがとうございました。また参考にさせていただきます。  
    | 松本聡子 | 2019/11/18 10:32 AM |









    トラックバック機能は終了しました。