CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 4024 藍画廊(中央区銀座1-5):菊池まり子展 | main | 4026 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):倉橋利明展 >>
4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC05690.JPG

    GALERIE SOL(中央区銀座1-5)では、阿部元子展。

    DSC05705.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、
    ーこれまでのこと これからのことー。

    前後の壁には、染色し、織り上げた2枚の平面作品。
    左右の壁には、
    端材​が入った織って作った小箱が、並んでいます。

    織物の1点は遠い風景のようで、
    もう1点は近い小景のようです。
    小箱たちはさらに身近の、手に触れる物事のようです。

    作家は、日々の中で、
    取り込んだもの、
    入ってきたことを分解し、
    糸どうしの関係という別の仕組みで再構成したようだ。
    そんな印象でした。

    DSC05706.JPG

    DSC05707.JPG

    DSC05708.JPG

    DSC05711.JPG

    DSC05712.JPG

    DSC05713.JPG

    DSC05709.JPG

    DSC05710.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0031.jpg

    Scan0032.jpg

    20191203 鑑賞
    | 印象記 | 05:26 | comments(1) | - | - | 昨年の記事
    元子さんご自身のお手紙で、教えてもらったので、みました。
    素晴らしいです!!

    展示会をと願いながら、日本帰国の時間が合ってなくて、
    残念にも、一度も観れていません。
    一度は本物を見たいと願っています。

    ちょうど10年前に60歳で、いただいたものを、暖かさ、温もりを感じながら、無くしないようにすごく気を使って大事にしています。
    Mari-Christine

    長く続けられることを願います。

    | Mari-Christine Kleinhuis | 2020/01/30 12:50 AM |