CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 4090 ナンヅカ・アジェンダ 渋谷(渋谷区渋谷2−17):ジョナサン・チャプリン展 | main | 4092 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3):<レリーフ・立体・オブジェ・ペーパーワーク>1930-1993・1 >>
4091 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):酒井香奈展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC07498.JPG

    ギャラリーなつか(中央区京橋3-4)では、酒井香奈展。

    DSC07499.JPG

    DSC07509.JPG

    会場風景。

    平面上に表現された作品なので、
    「絵画」には違いありませんが、
    一般的な絵画との違いが、直観されます。

    パネルに石膏で地を作り、
    顔料、アクリルメディウムで描いています。
    描く道具は筆ではなく、主に掌だそうです。

    画面に近付けばその過程を追体験でき、
    画面からの直観が、
    そのテクスチャーに拠っていたことが
    自然と納得できます。

    この絵画は、
    特定の事象の再現ではなく、
    描かれた結果、世に現れた事象です。

    古い民家や茶室の土壁が、
    長い年月を経て、
    懐かしい温かみと風合いを醸し出すように、
    これらの作品は、
    何かを醸し出しています。

    白地から、染み出たような深みのある色は、
    繊細で、強靭で、
    幾層にも重なりながら響きあう。
    そこにあるのが自然であるように、
    静かな面持ちで、観る人と共に在る。
    そんな印象でした。

    DSC07500.JPG

    DSC07501.JPG

    DSC07502.JPG

    作品と部分詳細。

    DSC07503.JPG

    DSC07504.JPG

    DSC07505.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC07506.JPG

    DSC07507.JPG

    DSC07508.JPG

    ​作品と部分詳細。

    DSC07510.JPG

    DSC07511.JPG

    DSC07512.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影



    20200218 鑑賞
    | 印象記 | 05:10 | comments(0) | - | - | 昨年の記事