CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4255 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):鹿島 寛展
    紋谷幹男 (07/26)
  • 4255 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):鹿島 寛展
    鹿島寛 (07/26)
  • 4224 巷房1(中央区銀座1-9):大谷宗之展
    紋谷幹男 (06/25)
  • 4224 巷房1(中央区銀座1-9):大谷宗之展
    大谷 宗之 (06/25)
  • 4218 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):羅針盤セレクション 3人展
    水谷栄希 (06/18)
  • 4218 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):羅針盤セレクション 3人展
    岡崎こゆ (06/18)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    馬場敬一 (06/10)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    紋谷幹男 (06/10)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    馬場 敬一 (06/09)
  • 4154 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):矢成光生展
    紋谷幹男 (04/15)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 4251 彩鳳堂画廊(中央区京橋3-3):三上誠とパンリアル展 | main | 4253 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):三代宏大個展 >>
4252 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):林 樹里展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC09566.JPG

    アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5)では、林 樹里展。

    DSC09568.JPG

    会場風景。

    作家コメントによりますと、
    「影」が制作テーマのようです。
    そう意識して改めて作品を観れば、
    描かれたのは実態なのか、影なのかの疑問が湧き、
    次に、描かれたのは
    両方にせよ、どちらにせよ、
    画家の目が捉え、記憶に留まる映像は、
    実態と影、部分と全体、刻々の変化が
    混然一体となっていることが見えてきます。

    画面の彩度を抑えた光と陰の織りなす静寂は、
    何処にでもある風景なのに、
    時を停め、
    画面の面積分の宇宙を出現させている。
    そんな印象でした。

    DSC09569.JPG

    DSC09570.JPG

    DSC09571.JPG

    されど春めく

    DSC09573.JPG

    DSC09574.JPG

    しらせ

    DSC09577.JPG

    DSC09578.JPG

    DSC09579.JPG

    やおよろず

    DSC09581.JPG

    DSC09582.JPG

    虚空

    DSC09585.JPG

    DSC09586.JPG

    遠くおもふ


    写真:筆者撮影

    Scan0003.jpg

    Scan0004.jpg

    20200714 鑑賞
    | 印象記 | 05:14 | comments(0) | - | - | 昨年の記事