CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4255 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):鹿島 寛展
    紋谷幹男 (07/26)
  • 4255 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):鹿島 寛展
    鹿島寛 (07/26)
  • 4224 巷房1(中央区銀座1-9):大谷宗之展
    紋谷幹男 (06/25)
  • 4224 巷房1(中央区銀座1-9):大谷宗之展
    大谷 宗之 (06/25)
  • 4218 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):羅針盤セレクション 3人展
    水谷栄希 (06/18)
  • 4218 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):羅針盤セレクション 3人展
    岡崎こゆ (06/18)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    馬場敬一 (06/10)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    紋谷幹男 (06/10)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    馬場 敬一 (06/09)
  • 4154 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):矢成光生展
    紋谷幹男 (04/15)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 4253 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):三代宏大個展 | main | 4255 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):鹿島 寛展 >>
4254 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):石井 誠展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞


    SILVER SHELL(中央区京橋2-10)では、石井 誠展。

    DSC09599.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーNOWHERE いまここー。

    油彩画と木彫作品。
    テーマは日常の一場面。

    日常は一場面の連続で、
    御馴染みの場面の連続が日常です。
    御馴染みの場面は、いつも通りなので、
    新鮮味や刺激はありませんが、

    このように、作家が造形化すれば、
    御馴染みの場面のかけがえのない何かが蒸留され、
    そのスピリッツが香り立ちます。

    飾らず、誇張せず、美化されないそのままの場面。
    記憶の放流から引き出してみると、
    時間の結晶が現われます。

    作家は温かさを温かいまま取り出します。

    それは、図式化や様式化ではなく、
    詩になっていた抽象。
    そんな印象でした。

    DSC09600.JPG

    DSC09601.JPG

    DSC09602.JPG

    Monday morning

    DSC09603.JPG

    DSC09604.JPG

    DSC09605.JPG

    Blue sky

    DSC09608.JPG

    DSC09609.JPG

    Flower

    DSC09611.JPG

    DSC09612.JPG

    Hearing

    DSC09614.JPG

    DSC09615.JPG

    DSC09616.JPG

    DSC09617.JPG

    Now here


    写真:筆者撮影

    Scan0028.jpg

    Scan0029.jpg

    20200714 鑑賞
    | 印象記 | 04:54 | comments(0) | - | - | 昨年の記事