CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4255 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):鹿島 寛展
    紋谷幹男 (07/26)
  • 4255 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):鹿島 寛展
    鹿島寛 (07/26)
  • 4224 巷房1(中央区銀座1-9):大谷宗之展
    紋谷幹男 (06/25)
  • 4224 巷房1(中央区銀座1-9):大谷宗之展
    大谷 宗之 (06/25)
  • 4218 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):羅針盤セレクション 3人展
    水谷栄希 (06/18)
  • 4218 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):羅針盤セレクション 3人展
    岡崎こゆ (06/18)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    馬場敬一 (06/10)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    紋谷幹男 (06/10)
  • 4207 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):馬場敬一展
    馬場 敬一 (06/09)
  • 4154 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):矢成光生展
    紋谷幹男 (04/15)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 4261 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):中田さち子展 | main | 4263 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):平 昇展 >>
4262 藤屋画廊(中央区銀座2-6):古石紫織展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC09737.JPG

    藤屋画廊(中央区銀座2-6)では、古石紫織展。

    DSC09738.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、−庭の見る夢−。

    日本画による風景画。
    消去法的に風景画と書きましたが、
    実際は、風景そのものというより、
    ある場面、小景との出会いをきっかけにして始まる、
    詩やショートストーリーといった趣です。

    窓やパーゴラ。
    窓から見た外ではなく、外から見えた窓。
    窓の向こうの暮らしや、窓に映った緑。
    パーゴラによって切り取られた空。

    見ることと見えたこと。

    ある小景を見ていたら、形や線や色が見えてきた。
    形や線は何かを囲い、
    小さな風景をつくっていた。

    見た風景を転写するのではなく、
    画面で新しい物語が始まります。

    絵画は絵の具の表情となり、
    ここだけの空間が現れる。
    そんな印象でした。

    DSC09739.JPG

    DSC09740.JPG

    DSC09741.JPG

    窓辺の音楽

    DSC09743.JPG

    DSC09744.JPG

    光を泳ぐ

    DSC09746.JPG

    DSC09747.JPG

    春を呼ぶ声

    DSC09749.JPG

    DSC09750.JPG

    木漏れ日の五線譜


    写真:筆者撮影

    Scan0018.jpg

    Scan0019.jpg

    20200714 鑑賞
    | 印象記 | 05:03 | comments(0) | - | - | 昨年の記事