CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (03/24)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    松本亮平 (03/23)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (07/06)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    市川嘉一 (07/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
2654 Gallery-58(中央区銀座4-4):東郷拓巳展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1180190.JPG

    Gallery-58(中央区銀座4-4)では、東郷拓巳展。

    P1180191.JPG

    P1180211.JPG

    会場風景。

    展覧会タイトルは、
    「主観の集合としての客観の考察 - 中華街のクマ、王(わん)さんを中心に - 」

    同じ版で様々なパターンを作る画法は、
    アンディ・ウォーホルの『マリリン・モンロー(マリリン)』
    を思わせますが、
    画家は、ウォーホルと違って、
    既成の画像の転用ではなく、
    自分の手で描いたり作ることが必須のようです。

    同時に「型紙方式」は感情移入の困難な分、
    無機的な記号となり、普遍性を獲得することで、

    意味を与えるものとして機能しています。

    これらの作品は、
    「洗練」や「完成」を目指さない、
    「出来事」の一場面として存在している。
    そんな印象でした。


    P1180192.JPG

    P1180193.JPG

    P1180194.JPG

    P1180195.JPG

    P1180196.JPG

    作品と部分詳細。

    P1180197.JPG

    P1180198.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1180199.JPG

    P1180200.JPG

    P1180201.JPG

    P1180202.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1180203.JPG

    P1180204.JPG

    P1180205.JPG

    P1180206.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1180207.JPG

    P1180208.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0028.jpg

    Scan0029.jpg

    20170606 鑑賞
     
    | 印象記 | 05:10 | - | - | - | 昨年の記事