CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
3151 ギャラリー川船(中央区京橋3-3):山崎豊三展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1330861.JPG

    ギャラリー川船(中央区京橋3-3)では、山崎豊三展。

    P1330862.JPG

    P1330863.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー霧ノ向コウー。

    〜の向こう、風の匂いなど、
    造形に置き換えられそうにないテーマが
    作品名になっていますが、
    それでも、自身が感じた事は明確である以上、
    自身がそれに形を持たせることは、
    なんとかなりそうだ。

    あるいは、無心で粘土をこねていたら、
    以前、「霧の向こうはどんな景色なんだろう」
    という、特に正解を求めない疑問が
    ふと湧いた時のニュアンスに近いな。

    そんな感じでしょうか。

    言葉ではなく、仕草でもなく、
    形であることの面白味は、
    作品の完成がわからないなかで、
    手の中で出来てくるものが発生する現場で、
    気付かされること。
    そんな印象でした。

    P1330864.JPG

    P1330865.JPG

    P1330866.JPG

    霧ノムコオ 4
    紙粘土・蜜蝋

    P1330868.JPG

    P1330869.JPG

    葦叢ヲヌケル風ノ匂イ 9
    紙粘土・蜜蝋

    P1330871.JPG

    P1330872.JPG

    葦叢ヲヌケル風ノ匂イ 7
    紙粘土・蜜蝋

    P1330874.JPG

    P1330875.JPG

    垣根ノムコオ 2
    和紙・墨・パネル

    P1330877.JPG

    P1330878.JPG

    霧ノムコオ 2
    紙粘土・蜜蝋

    P1330880.JPG

    P1330881.JPG

    ワケイッテモ ワケイッテモ 1
    和紙・墨・パネル


    写真:筆者撮影

    Scan0009.jpg

    Scan0010.jpg

    20180417 鑑賞
    | 印象記 | 05:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事