CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (03/24)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    松本亮平 (03/23)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (07/06)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    市川嘉一 (07/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
2725 Gallery-58(中央区銀座4-4):「新世代への視点2017」水上 綾 展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1200493.JPG

    Gallery-58(中央区銀座4-4)では、
    「新世代への視点2017」水上 綾 展。

    「新世代への視点2017」は、
    東京現代美術画廊会議主催の、10画廊の共同開催。
    1993年より続いている展覧会で、
    各画廊が推薦する、新鋭作家の個展を開催する企画です。

    P1200494.JPG

    P1200495.JPG

    P1200496.JPG

    P1200497.JPG

    会場風景。

    キャンバスに油彩で描かれた平面作品。
    「キャンバスに油彩で描かれた」とあえて書く必要があるほどに、
    画面はフラットな単色です。
    遠目でぐるりと会場を見回せばそのような感じですが、
    近付くと、ほのかに染みのような小さな白が
    点在していることがわかります。

    何かを表現するために、

    描いているという前提に立てば、
    何でも言えるのと同時に、

    ちょっと、うかつなことが言えない気もします。
    そんな宙ぶらりんの、
    ふわりとした座りの悪さは、意外と心地の良いものです。

    画家は、何かを画面へ残すことを意識しながら、
    この状態へ行き着いたと思われます。

    視線やつぶやきが入り混じりながら、ぽっと立ち現れた。
    そんな印象でした。


    P1200498.JPG

    P1200499.JPG

    作品と部分詳細。

    P1200500.JPG

    P1200501.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0050.jpg

    Scan0056.jpg

    Scan0042.jpg

    Scan0043.jpg

    20170725 鑑賞
    | 印象記 | 05:51 | - | - | - | 昨年の記事